神奈川県大和市の工務店

トップページ 賃貸 vs 購入 はじめての家作り ハウスメーカー 工務店の選び方 良い工務店さん
 
 

ダメ馬が家づくりをお願いした、
神奈川県大和市の工務店さん!

 

ダメ馬は、家探しに一年半も時間がかかりました。 住宅展示場に何度も行って、いろいろなハウスメーカーと話をしましたし、不動産会社にも何社も行ったからです。 また、工場見学にも行きましたし、お宅訪問や宿泊体験なども行いました。

ただ、時間はかかりましたが、いろいろなハウスメーカーや工務店さんの話を聞いたり、実際に作られた家を見たことで、「比較」ができるようになりましたし、自分にとって、「ベスト」と言えるような、素晴らしい工務店さんを見つけることもできましたよ。

良い工務店さん


そこで、このページでは、ダメ馬が最終的に選んだ、「神奈川県大和市にある工務店さん」のことを、お伝えしますね! ダメ馬は、この工務店さんに家づくりをお願いして、本当に良かったと思っていますし、とても満足できる家が完成したので、参考になれば嬉しく思います。



ダメ馬が「家」に対して求めていたもの

ダメ馬は、家探しに、一年半も時間がかかったのですが、なぜここまで、手間と時間をかけて家探しを行ったかと言うと、「失敗したくなかったから」です。

家というのは、とても高いものです。 人生で何度も買える物ではありませんし、買ったあとに後悔しても、すぐに手放すことができません。

もし、家の購入に失敗してしまったら、家の金額が高い分、お金の面で、かなり損をすることになってしまいますよね? お金の面で、損をすることはやはりイヤだったので、ダメ馬は、家探しには、本当に時間をかけました。 (たとえば、家を手放した後に、数百万円も借金が残ことなんて、絶対にイヤでした・・)


あと、家というのは、大げさに言えば、「家族の命を守ってくれるもの」です。

もし、地震が起きて、崩れてしまうような家だったら、取り返しがつきませんよね? 家は、家族が長い時間いる場所であるため、もし地震があっても、家族を守ってくれるような「安心して住むことができる家」である必要がありました。

家族を守ってくれるような、「安心して生活できる家を作ってくれる工務店さん」を、ダメ馬は探していたということです。


そして、ただ「安心できる家」というだけでなく、家を購入したあとに、「自分にとって、どれだけメリットがあるのか」ということも考えていました。

というのも、ダメ馬が今までに住んでいた賃貸物件は、夏はサウナのように暑くて、冬は外にいるように寒くなっていたのですよね。。。 本当に、住んでいて不快でしたし、「家から出たくなるような家」でした。

今までに住んでいた賃貸物件
↑今までに住んでいた家は、家の性能がとても低かった

だから、ダメ馬は、「快適に生活することができる家」を求めていたのです。 家にいて、ストレスなく、快適に生活していくことができれば、高いお金を払う価値はありますよね。


このように、ダメ馬は、「お金の面で損をしない、安心して快適に生活することができる家」を求めていました。 常に我慢しながら(ストレスを抱えながら)生活することは、絶対にイヤだったので、ダメ馬は、家探しには、本当に時間をかけましたよ!

そして、ダメ馬が家に対して求めていた条件に、ぴったりと当てはまった工務店さんが、神奈川県大和市にある「オシダリハウス」という工務店さんだったのです。

具体的に、「どのような点が、他のハウスメーカーや工務店さんと違ったのか」ということを、下記でお伝えしますね!



ダメ馬が家づくりをお願いした、神奈川県大和市の工務店さん(オシダリハウス)について

ダメ馬は、いろいろなハウスメーカーや、工務店さんが作った家を見てきましたが、それらの家と、「オシダリハウス」が作った家を比較して、オシダリハウスが作る家は、次の5つの面で優れていました。

  1. 家の「性能」が良い(夏は涼しく、冬は暖かい!)
  2. 家の「品質」が高い(特に水まわりの設備が良い!)
  3. 家の「精度」が高い(同じ大工さんが作っている)
  4. 見た目が美しい(色合いと高いコーティング)
  5. アフターサービスが良い(丁寧で親切に対応してくれる)


1.家の「性能」が良い!

まず、オシダリハウスが作る家は、「高気密・高断熱」の家です。 「気密性」が高いため、冬は家の中が暖かいという特徴がありますし、「断熱性」が高いため、夏は涼しいという特徴があります。

実際にダメ馬は、夏に、オシダリハウスが作った家に初めて入ったのですが、入った瞬間に、「あ、涼しい」と思ったのですよね。 本当に、「家に入った空気感」が、他の家とは全然 違いました。


以前にダメ馬が住んでいた賃貸物件は、夏は、サウナの中にいるかのように、家の中(特に2階!)が暑くなっていました。 暑がりのダメ馬としては、これが本当にイヤで、「家から出たくなるような家」だったのですよね。。。

また、寒がりの嫁は、冬は、いつも「寒い 寒い・・」と言っていました。 リビングについては、暖房とストーブを使っていたので、まだマシだったのですが、リビング以外(お風呂や2階)は、本当に寒かったです。

実際に、冬は、2階の部屋でパソコンをするときに、寒くてキーボードが打てないくらいでしたからね。。。 ダメ馬は、暖房があまり好きではなかったので、電気ストーブをつけて、手を温めながらパソコンをしていましたよ。


もちろん、ダメ馬が以前に住んでた賃貸物件が酷すぎ?だっただけなのかもしれませんが、「高気密・高断熱」の家は、本当に快適です。

ダメ馬の家は、「リビング階段」なのですが、リビングの暖房をつけているだけで、冬は、家全体が暖かくなります。 2階のダメ馬の仕事部屋も、エアコンや電気ストーブをつける必要はありませんし、特に、「お風呂(洗面所)」が暖かいのは、すごく良いと思いました。

お風呂にも暖房はあるのですが、そもそも家の中 全体が暖かいので、お風呂の暖房はまったく必要ないのですよね。 寒がりの嫁は、「冬でも暖かい家!」というのが、とても気に入ったらしく、珍しく、嬉しそうでしたよ。


ちなみにダメ馬は、「高気密・高断熱の家がある!」というのは、家探しをしているときに、初めて知りました。 夏に、実際に家に入ったときに、「涼しい」と思えることができたのは衝撃的で、「家を作るなら絶対に、高気密・高断熱の家にしよう!」と思いました。

高気密・高断熱の家
↑「高気密住宅認定書」がついていた


実際に、今、家に住んでいる人に、「不満に思っていること」を聞いてみると、ダメ馬と同じように、「冬は寒くて、夏は暑い・・」という答えが、最も多いそうです。 家というのは、長く自分がいるものなのに、その家の中にいて不快だったら、やっぱりイヤですからね。

「高気密・高断熱」の家であり、家の「性能」が良く、快適に住むことができるということが、ダメ馬がオシダリハウスを選んだ、大きな理由の1つです。


2.家の「品質」が高い!

家というのは、いろいろな物(外壁やお風呂やトイレやシステムキッチンなど)を、組み合わせて作っています。 そのため、それぞれの物の品質が良ければ、家の「品質」も高くなっていく、ということです。

そして、オシダリハウスが作る家は、1つ1つの物の品質が、かなり高いものを使っているのですよね。 特に、水まわり(システムキッチン、バスルーム、洗面化粧台、トイレ)の設備は、とてもグレードが高くて、良い物を使っていました。


たとえば、ダメ馬が買った家についてたバスルームは、TOTO製の「サザナ HDシリーズ」というものが、標準仕様で付いていました。

お風呂
↑バスルームは、標準仕様でハイグレードの設備になっている!


このバスルームは、まず、お風呂の床が柔らかくて、滑りづらいです。 以前に、子どもがお風呂で転んで、頭を打ったことがあったのですが、柔らかい床であれば、転んで怪我をする心配がありませんよね。 しかも、裸足で入っても冷たくなくて、とても踏み心地が良いんです。

お風呂に「暖房」も標準仕様で付いていますし、浴槽も「魔法びん」のようになっていて、冬でも、夜に入れたお風呂のお湯が、朝も温かいままですよ! もちろん、少し温度は下がっていますけど、朝に、湯船に浸かることができるくらいの温度です。

以前にダメ馬が住んでいた賃貸物件は、そもそも、浴室がかなり寒かった状態(本当に冬はヒートショックを起こすんじゃないかと心配になるくらい・・)でした。 でも、このような「品質の高い設備」が、標準仕様で付いていると、本当に快適に生活することができるのですよね。


他にも、「システムキッチン」は収納がとても多くて、電動で昇り降りをする「食器乾燥庫」や「食器洗い機」も、標準仕様で付いています。 嫁も、「収納が多すぎて、どこに何を入れてよいか分からなーい」と、嬉しそうな悲鳴をあげていましたし、コンロや換気扇の掃除もしやすい仕様になっているので、とてもラクです。

システムキッチン
↑「食器乾燥庫」や「食器洗い機」がセットになったシステムキッチン


さらに、「洗面化粧台」は大きな3面鏡で使いやすく、「トイレ」は節水仕様になっていて、フルオートの洗浄まで付いているので、汚れづらいし、掃除もしやすくなっています。

洗面化粧台
↑洗面化粧台は、大きな3面鏡になっていて使いやすい


ダメ馬は、この辺りの設備については、あまりこだわりが無かったですし、「何がいくら」ということも、ほとんど知りませんでした。 だから、オシダリハウスが作った家を見たときに、「なんとなく、良さそうなを使っているなー」と思っただけだったのですよね。

でも、家を作っている途中で、大工さんから、「オシダリハウスの家は、他の家よりもかなり良い設備だよ!」と言われましたし、コーティング屋さんからも、「オシダリハウスの家は、水まわりの設備のグレードはとても高い物を使っているよー」と教えてもらいました。

そこで、「あ、良い物を使っているんだな」とダメ馬は知りましたけど、実際に使ってみると、品質の良いもの(値段の高いもの)は、やっぱり使いやすくて、便利なんですよね。


なお、ダメ馬個人としては、お風呂の快適さ(お風呂の温かさと、床の柔らかさ、そしてお湯が冷めないこと!)は、「本当にいいな」と思いましたし、雨戸が「電動シャッター」になっていることも、「すごく便利だな」と思いました。

雨戸を閉めるために、夜に窓を開けると、虫が入ってくることが、以前の賃貸物件ではよくありましたし、1年に1回くらい、「ゴキくん」を退治することがあったのですが、、、今の家は、その心配がなくなりました。

さらに、オシダリハウスの家は、「床暖房」まで、標準で設置されているのですからね。

床暖房
↑タイマー機能付きの「床暖房コントローラー」


では、これだけ、高いグレードの設備が標準仕様で付いているなら、家全体の値段が高いはずなのですが、オシダリハウスの家は、ハウスメーカーよりも圧倒的に安いですし、他の工務店さんと比べても、ほとんど変わらない値段です。

実際にダメ馬は、いくつかの工務店さんに見積もりを出してもらったのですが、それらと比べても、オシダリハウスの家の値段は、ほぼ変わらなかったです。 つまり、オシダリハウスが作る家は、「同じ価格帯なのに、他の家よりも1ランクから2ランク上の家である!」ということですね。

ダメ馬のように、「お金の面でトクをしたい人」や「自分の予算内で最も良い家を持ちたい人」にとっては、オシダリハウスが作る家は、これ以上ないくらい、最適なものになりますよ!


3.家の「精度」が高い!

家の「精度」というのは、家が完成した直後では、ほぼ分からないです。 そもそも、家が完成したら、家の中を見ることはできないですからね。 (もし見れたとしても、ダメ馬のような素人では精度の違いは分からないです・・)

ただ、長い間、その家に住み続けていると、家の精度の差によって、「家の状態」が変わってきますよ。

たとえば、ダメ馬が以前に住んでいた賃貸物件は、築11年が経っていたのですが、家のいろいろなところに、問題が発生していました。 家が歪んでしまっていたので、玄関の扉が閉まりづらくなっていましたし、2階の窓の「網戸」が、動かなくなっていましたからね。

また、床のきしみやクロスの剥がれ、ひび割れなども起きていましたし、トイレの壁に「カビ」が生えるようになっていました。 きっと、水回りのどこかに問題(穴や接合など)があって、壁の内部に、「湿気」が溜まっていたからだと思います。


もちろん、このような家の問題は、家が完成して間もないときには、ほぼ起きません。 しかし、家の精度が低いと、少しの隙間が、雨や風や地震などによって、だんだんと広がっていってしまいます。

だから、「家の精度」というのは大切であり、家の精度によって、家が長持ちするかどうか(耐久性)が変わってくるということです。


そして、精度の高い家を作るためには、「腕の良い大工さんが家を作ること」が、重要なポイントになってきます。 そもそも、家の大枠のほとんどを作るのは、「大工さん」ですからね。

たとえば、本来、基礎と柱がぴったりと付かなければいけないところが、家を作る大工さんの腕によっては、少しずれていたり、浮いたりしてしまいます。 家というのは、同じ材料を使っていたとしても、「作る人」によって誤差が出てくるものですし、基準を満たしていたとしても、柱を固定するボルトの締め方ひとつで、家の強度や品質(精度)が変わってくるものです。


ただ、「腕の良い大工さん」を見分けることは、正直言って、ダメ馬たちのような素人では、なかなか難しいのですよね。。。

でも、1つ言えることは、いろいろな大工さんに、その都度、仕事を依頼している工務店さんよりも、同じ大工さんに家づくりをお願いしている工務店さんの方が、精度の高い家を作ることができる、ということです。

その理由は、工務店によって、家づくりに特徴があるためです。 同じ工務店さんで、いくつも家を作っている大工さんの方が、仕組みや流れなどが分かってきますし、その工務店さんの家づくりに慣れてきます。

ダメ馬が、家づくりをお願いしたオシダリハウスも、同じ大工さんが、長くその工務店さんの家を作っていましたよ。 同じ大工さんが家づくりをしている工務店さんの方が、精度の高い家に仕上がる可能性が、ずっと高くなります。


あと、オシダリハウスの良いところは、「雨の対策」がしっかりしているところです。

ダメ馬が家を購入(注文)して、その家を建てている期間は、本当に雨が多くて、21日間 連続して雨が降っていました。 本当に、1日晴れた日がほとんどない!というくらい、雨ばかりの日々だったのです。


↑毎日、毎日、雨が降っていた・・・(出典:Yahoo!天気)


こんなに雨が降り続いてしまったら、普通の工務店さんであれば、作っている途中に、家の中にも雨が入ってきてしまいます。

しかし、オシダリハウスは、この雨の対策がかなりしっかりして、まず、家を作る最初の段階で、屋根と外壁を作っていましたし、家全体をブルーシートでも覆っていました。 さらに、もし、家の中に雨が入ったとしても大丈夫なように、「仮の床」を作って作業をして、最後の方で、ちゃんとした床(本物の床)を作って完成させていました。

「仮の床を作る」というのは、手間のかかるやり方ですが、このやり方であれば、最後に作る床が雨に濡れる心配がないため、カビの原因を除くことができます。 このような、目に見えないところ(雨の対策)がしっかりしているところも、オシダリハウスの良いところですね。


家の「精度」というのは、見た目では分からないのですが、家が長期間、長持ちするかどうかが決まってくる、とても大切なものですよ! 実際に、家の「精度」が高ければ、後々にかかる修繕費や、メンテナンスにかかる費用も、少なくなります。

オシダリハウスが作る家は、家の精度が高いため、地震にも強い(耐震等級3相当)ですし、家が長持ちする「長寿住宅」です。 このような「耐久性」に優れているところも、オシダリハウスの大きなメリットになります。


ちなみに、オシダリハウスが作る家は、保証も充実していて、「ハウスプラス住宅保険(10年)」や「シロアリ保証(5年)」、「地盤保証(10年)」なども付いています。 ただ、この保証が必要ないくらい、オシダリハウスの家は精度が高くて、耐久性に優れているのですよね。

実際に、オシダリハウスも、「保険は充実していますけど、保険が必要ないくらい、安心で安全な家づくりを目指しています」と言っていました。

保証や保険は、「万が一のときのため」にあるものであり、本当に大切なのは、「保険を使わないくらいの長寿住宅である」ということですね!


4.見た目が美しい!

「見た目の美しさ」というのは、もちろん人によって、感じ方は異なりますよ。 ただ、ダメ馬が最初に、オシダリハウスが作った家に入ったときの印象は、「家の中が白くて輝いている!」ということです。

家の中が白くて輝いている
↑白っぽいフローリングに「UVコーティング」をすると、白く輝いて見える


この理由は、オシダリハウスは、「UVコーティング」で床をコーティングしているためです。 この「UVコーティング」を行うと、フローリングに光沢が出て、美しい高級感のある仕上がりになります。

しかも、家のクロス(壁紙)はもちろん白色ですが、家のフローリングも、白っぽい色だったのですよね。 だから、ダメ馬が最初にオシダリハウスが作った家を見たときに、「家の中が白くて輝いている!」という印象を持ったのだと思います。

本当に、天井のシーリングライトに、LED電球(白色)を取り付けたら、まるで「ウユニ塩湖」のように、床が反射して輝いていましたよ(笑)

UVコーティング
↑「UVコーティング」をすると、フローリングに光沢が出て美しくなる


ただ、家のフローリングが白っぽい色だと、見た目はとても美しいのですが、ゴミが落ちていると、けっこう目立ちます。 ダメ馬は、ここがデメリットだと思っていたのですが、、、でも、キレイで光沢のある白い床だと、掃除にあまり関心がなかったダメ馬でも、掃除をするようになるのですよね。

しかも、「UVコーティング」でコーティングされた床は、掃除がとても簡単です。 実際に、1歳の子どもが、油性マジックで床に落書きをしてしまったことがあったのですが、水拭きをするだけで、簡単に油性マジックが落ちたんですよ!

「UVコーティング」は、保証が20年もあるくらい長持ちしますし、掃除が苦手なダメ馬ですが、かなりキレイな状態に保つことができています。


あと、オシダリハウスの設計士さんは、デザインにもかなりこだわりがあって、家を作っている途中に、家の外壁で使っていた紺色のスチールを見て、「これはシルバーのスチールの方が良いですね。取り替えましょうか?」という形で、教えてくれました。

品質に何も問題がない、たった1本のスチールでしたが、ダメ馬は、「じゃあ お願いします」と答えて、実際に取り替えてもらうと、確かに、紺色よりもシルバーのスチールにした方が、見栄えが良くなったのですよね。

本当に細かいことだったのですが、このようなデザインのこだわりによって、美しいデザインの家が完成しているのだと思いました。


もちろん、「見た目の美しさ」というのは、人によって異なりますし、好みにもよりますけど、ダメ馬が実際に、オシダリハウスが作った家に住んだ感想としては、デザインが良く、家の中も輝いているので、気持ちが明るくなるということです。

だって、いつも笑わない、人を睨みつけているような嫁の顔が、少し明るくなったのですから! そのおかげで、「蛇に睨まれたカエル」のようだったダメ馬も、楽しく生活できるようになりました(笑)


女の人って、見た目が美しい、輝いているものって、本当に好きですよね! 見た目がとても美しくなる「UVコーティング」を、標準仕様でつけてくれることも、オシダリハウスを選ぶ大きなメリットの1つだと思います。

「UVコーティング」は、価格がとても高いので、他の工務店さんだったら、当然、別料金になるはずですよ! (でも、オシダリハウスなら「無料」ということですね)


5.アフターサービスが良い!

ダメ馬は、家を購入する前に、家に関する情報をインターネットで調べていたのですが、「アフターサービス」を重要視している人が、とても多かったです。

やはり、家というのは、長く住むものですからね。 家を買って終わりではなく、「家を買った後も、しっかりとアフターサービスをしてくれること」は、とても大切なポイントになるのだと思いました。

もちろん、ダメ馬も、「アフターサービス」は、重要視していましたよ! ただ、家を買ったあとも、しっかりとアフターサービスをしてくれるかどうかは、家の購入前では分からなかったのですよね。。。

だから、この「アフターサービス」だけが、ちょっと不安だったのですが、、、実際に、オシダリハウスで家を購入して、オシダリハウスのアフターサービスは、すごく良かったです。


そもそも、家というのは、とても大きなものですし、いくつものパーツ(外壁やお風呂やトイレやシステムキッチンなど)を組み合わせて作っているため、どこかに、何かしらの不具合は見つかってしまうものです。

たとえば、ダメ馬が実際に購入した家も、クロスが少し剥がれている箇所があったり、棚に職人さんの白い指の跡が付いている箇所がありました。 でも、オシダリハウスに電話して、「棚に職人さんの白い指の跡が付いてまーす」と伝えたら、その日のうちに現場監督さんが来てくれて、すぐに落としてくれましたよ。

また、食器棚の扉を閉めたときに、扉が少し浮いてしまう状態だったのですが、それをオシダリハウスに伝えたら、すぐに対応してくれました。 具体的には、扉自体が少し曲がっていることが分かったので、現場監督さんは、「すぐに新しい物を手配します!」と言ってくれて、後日、新しい扉を持ってきてくれて、取り付けてくれましたからね。


オシダリハウスは、「その家づくりを担当した現場監督さん」が、直接 不具合を見て、対応してくれます。 その家のことをよく知っている人(その家を作った責任者)が、直接 対応してくれるので、不具合も伝えやすいですし、正確に、すぐに対応してくれるのですよね。

「アフターサービス」については、家を購入する前の段階では、良いか悪いか分からないのですが、オシダリハウスのアフターサービスはとても良いと、ダメ馬は感じました。


もちろん、ダメ馬は家を購入して間もないため、不具合というのは、ほとんど出ていません。 しかも、ここでは分かりやすいように、「不具合」という言葉を使っていますけど、とても不具合とは言えないような、小さなことばかりです。

ただ、何年・何十年後に、もし不具合が出たとしても、オシダリハウスだったら、きっと丁寧に、アフターサービスをしてくれるのだと思います。

オシダリハウスの家は、「品質」と「精度」がとても高いため、そもそも、不具合が出ること自体が、ほとんどないかもしれませんが、アフターサービスもしっかりと行ってくれることが、オシダリハウスの良いところです。



オシダリハウスの家の価格は?

オシダリハウスが作る家は、家の性能(夏は涼しく冬は暖かい)が良くて、家の品質も高いです。 特に、水まわり(システムキッチン、バスルーム、洗面化粧台、トイレ)の設備は、とてもグレードが高いですし、最高級のフロアコーティングである「UVコーティング」まで行っています。

オシダリハウスの家
↑オシダリハウスが作る家は、とても品質が高い!


そして、これだけ品質の高い物を使って、家を作っているのだから、「家の値段が高いのでは!?」と思ってしまうのですが、家の値段は、ハウスメーカーよりも圧倒的に安いですし、他の工務店さん(地元密着の工務店さん)と比べても、ほとんど変わらない値段でした。


具体的には、オシダリハウスが作る家は、30坪の家(4LDKの家)で、だいたい1,650万円くらいです。 ちなみに、ダメ馬がオシダリハウスに作ってもらった家の大きさは、32坪なのですが、家の価格はだいたい1,750万円くらいでした。

そして、ハウスメーカーの「ヘーベルハウス」で出してもらったときの見積もりは、32坪の4LDKの家で、だいたい3,000万円でした。 (ハウスメーカーって高いですよね・・)

また、比較的値段の安い、別のハウスメーカーにも見積もりを出してもらったのですが、32坪の4LDKの家で、だいたい2,200万円でした。 安いハウスメーカーと比べても、オシダリハウスの方が、値段がかなり安いですね。


ただ、年間5000棟も建てている、飯田グループホールディングスのグループ会社である、「一建設」と比べると、オシダリハウスの家の方が高かったです。 たとえば、「一建設」が作る家(ローコスト住宅)は、30坪の4LDKの家で、だいたい1,500万円でした。

やっぱり、低価格で家を量産している大きな建築会社は、最も安い値段で、家を作ることができるかもしれませんね。


そして、ハウスメーカーだけでなく、ダメ馬はいくつかの工務店さんでも、家の見積もりを取ったのですが、地域密着の工務店さんが作る家は、30坪の4LDKの家で、だいたい1,600万円から1,800万円くらいでした。

もちろん、工務店さんというのは、数がたくさんあるため、もっと安い値段で家を作る工務店さんもあるかもしれませんが、平均すると、30坪の4LDKの家で、だいたい1,600万円から1,800万円くらいというのが、最も多い価格帯だと思います。


だから、ダメ馬は一年半も時間をかけて、いろいろなハウスメーカーや工務店さんを見てきましたけど、「オシダリハウスの家って、かなりトクだよな!」と思いました。 なぜなら、同じ価格帯の家なのに、他の家よりも、1ランクから2ランクくらい上の家が完成するからです。

「費用対効果」で考えるのであれば、オシダリハウスが作る家は、費用対効果がとても高くて、「自分の予算内で、最も良い家を作ることができる工務店さん」だと思いました。


もちろん、単純に、「家の価格」だけで見るのであれば、もっと安い値段の家もありますよ。 そもそも、家というのは、安く作ろうと思えば、いくらでも安く作ることができますからね。

たとえば、お風呂やキッチンやトイレの設備を一番安い物にするだけで、値段は下がりますし、外壁や柱、断熱材や窓の品質を下げれば、家全体の値段は、かなり安くなります。

でも、ダメ馬は、本体価格がとても安い家(本体価格が1,500万円くらいの家)にも、実際に入ってみたのですが、、、夏は、家の中が本当に暑かったです。 ダメ馬は、すぐに家の外に出たくなりましたし、やっぱり設備も、かなり劣ってしまうのですよね。

もちろん、新築の家であるため、キレイではあるのですが、、、家の「性能」と「品質」は、かなり低いと思いました。

そうであれば、あと200万円くらい上乗せするだけで、オシダリハウスのような、高性能で高品質の家に住むことができるのですよ! 200万円という金額は、安い金額ではないのですが、それでも、性能と品質の高い家で、長く快適に過ごすことができるのですから、決して損はしないはずです。


ダメ馬は、「自営業」という理由もあるかもしれませんが、「家の購入で損はしたくない!」と思っていましたし、「自分の予算内で、最も良い家を買いたい!」と思っていました。

もし、自分が家を買ったあとに、同じ値段の家で、もっと良い家が見つかったら、なんか後悔しそうですからね。 もちろん、こんなことを考えてもしょうがない(幸せになれない)のですが、家は値段が高いので、やっぱり、自分が買うことができる家の中で、「最も良い家を買いたい!」と思っていたのです。


今回、ダメ馬は、オシダリハウスで家を購入した、一番大きな理由は、「自分の予算内で、最も良い家を作ることができる工務店さん」だったからです。

ダメ馬は、いろいろなハウスメーカーや工務店さんと話をして、見積もりを出してもらって、比較をしてきましたけど、それらの家と比べて、オシダリハウスが作る家は、同じ価格帯の中で、1ランクから2ランクくらい上の家が完成します。

自分が払うお金の中で、最も良い家を買いたいという気持ちがあるなら、オシダリハウスは最適な工務店さんということですね!



「家を買うと、幸せになるんだ」と思った

ダメ馬は今回、オシダリハウスで家を購入して、本当に良かったと思っています。

ただ、家を買う前は、正直言って、不安なこともありました。 その不安とは、「家を買ったとしても、自分が思い描いていたほどのメリットは、得られないんじゃないか?」という不安です。

ダメ馬は、家を購入する前は、賃貸物件に住んでいましたが、いろいろな不満はありながらも、6年間住んでいました。 「夏はサウナのように暑くて、冬は外にいるように寒い!」というのは、本当にイヤでしたけど、我慢しながらも、6年間、住むことはできていたのですよね。

だから、いろいろ考えた結果、「家は賃貸よりも、購入した方がトクだ!」という結論になり、ダメ馬は家を購入することに決めましたけど、実際に家を購入して、本当に自分が思い描いていたようなメリットを、全部得られるのかどうかという不安は、ダメ馬は常に持っていました。


でも、実際に家を購入して、その家に住んでみたら、ダメ馬と家族の人生は、すごく良い方向に変わりました。 やっぱり、性能の良い家(夏は涼しくて冬は暖かい!)は、住んでいて、快適なんですよ。

以前に住んでいた賃貸物件は、冬は部屋がとても寒くなるので、電気ストーブで手を温めながら、パソコンを使っていたのですが、購入した家は、冬でも暖かい(手が冷たくなることなんて無い)ですし、お風呂に入るときは洗面所も暖かいので、寒がりの嫁も、とても喜んでいました。


また、以前に住んでいた賃貸物件は、夏は本当に家の中が暑くなるので、ダメ馬も、ちょっとイライラするときもあったんです。 そんなダメ馬のせいで、ちょっとしたことで、嫁とケンカすることもあったのですが、購入した家は快適なので、気温のことでイライラすることが、ほぼ無くなりました。

嫁も、「冬でも家の中が暖かい」というのは、すごく快適みたいですし、暑がりのダメ馬も、家を買って本当に良かったと思いました。 そのおかげで、無駄なケンカがなくなったので、家族にとって、素晴らしい環境の変化だったと思います。

家を買って幸せになった!


あとは、家の中が真っ白に輝いているので、気持ちが明るくなるんですよね。

「UVコーティング」でコーティングされた床に、LED電球のシーリングライト(白色)をつけると、部屋全体が白く輝くのですが、嫁の表情が、以前よりも確実に明るくなりました。 女の人って、「見た目が美しくて輝いているもの」って、本当に好きみたいですね(笑)

そして、今まであまり掃除をしなかったダメ馬も、床が白いとゴミが目立つので、掃除をするようになりました。 やっぱりダメ馬も、現在がキレイな状態だったら、「キレイな状態に保ちたい」と思うものです。

そのため、潔癖症の嫁から、「部屋が汚い!掃除をしろ!」と怒られることもなくなったので、無駄なケンカがなくなったのですよね。 これも、家を買って良かったと思える、大きな変化だったと思います。


あとは、賃貸物件だと、なかなか壁に穴を開けることができないのですが、自分の持ち家だと、自由に壁に穴を開けることができます。 (と言っても、ダメ馬が壁に穴を開けるときは、たとえ画びょうの穴でも、嫁の許可がいりますけど笑)

たとえば、コードレス掃除機も、以前に住んでいた賃貸物件では、置く場所に困っていた(いつも邪魔だった)のですが、新しい家に引っ越してきて、壁に取り付けたら、いつでも充電することができますし、とても便利になりました。

また、洗面所の壁に、収納用の棚もくっつけたのですが、収納が多いと生活していて便利ですし、子どもの写真などを壁にくっつけること(飾ること)もできます。

このように、「家を自由にカスタマイズすることができる!」というのは、いつも忙しくて、子育てでイライラしている嫁さんにとって、大きな楽しみになるみたいです。


さらに、「地震に強い家」というだけで、安心感もあります。 以前に住んでいた賃貸物件は、「大きな地震が来たら倒壊するんじゃないか?」と、ダメ馬は本当に思っていたので、子どもが産まれてからは、やっぱり不安だったんですよね。

でも、オシダリハウスの家は、耐震性も高いので、「地震が来ても大丈夫!」という安心感があります。 (と言っても、地震はやっぱり怖いですけど・・)


また、「考えすぎ」と思われるかもしれませんが、ダメ馬は、「ヒートショック(急激な温度差によって体が受ける影響のこと)」も怖かったんです。 実際に、「ヒートショック」による、入浴中の死亡者数は、1年間で2万人近くもいるみたいですよ! これは、交通事故による死亡者数の、4倍とのことです。

ダメ馬が以前に住んでいた賃貸物件は、お風呂場が本当に寒かったので、本気で、「ヒートショックになるんじゃないか」と不安でした。 お風呂に入る前に、シャワーでお風呂の中を暖めてから、服を脱いでお風呂に入っていましたけど、それでもやっぱり寒かったですからね。。。

でも、今の家は、お風呂と洗面所(脱衣所)も暖かいので、ヒートショックの心配はありません。 「考えすぎ」と思われるかもしれませんが、実際に、年間で2万人近くの人が亡くなっているのですから、その中に、ダメ馬が入る可能性もあったということですよね。

地震に強くて、ヒートショックになる可能性も一気に減った家は、「自分と家族の命を守ってくれる家」であるため、家を購入する価値は、十分あったと思いました。



正直言って、家を購入することで、これほど大きなメリットがあるとは、思っていませんでした。

もちろん、お金の面では、「賃貸よりも、購入した方がトク!」ということは、家を購入する前に分かっていたのですが、それ以外のメリット(気持ちの面や嫁との関係)は、やっぱり、実際に家に住んでみないと、分からなかったからです。

たまに、ハウスメーカーや工務店さんのホームページに、「家族が笑って幸せになれる家を作ります!」と書いてありますけど、正直言って、ダメ馬は、「家を変えただけで、幸せになれるくらいなら苦労しない!」と思っていました。

なぜなら、今まで引っ越しは何度かしてきましたけど、住む家が変わって、何かが変わった(幸せになったか)というと、そうではなかったですし、嫁さんとのケンカも多くて、ダメ馬なりに、いろいろ手は尽くしたつもりだったのですが、ケンカは減らなかったからです。

だから、「家を変えたくらいで、嫁とのケンカがなくなって笑顔になるなら、苦労しないよ・・」と、ダメ馬は心の中で思っていました。


でも、家を買ったことで、嫁とのケンカが減ったんですよ! もちろん、くだらないことで、たまにケンカすることもありますけど、今までとは、数と質が全然違います。

「冬は暖かくて夏は涼しい」というのは、とても快適で、お互いにイライラすることがかなり減りましたし、家の中が白くて明るいと、住んでいて、気持ちも明るくなります。

また、女の人は、「私の家♪」というのは、すごく嬉しいみたいで、写真や収納棚を壁にくっつけたり、自分で自由に家をカスタマイズできることが、楽しいみたいです。 だって、嫁は、ネットで買った人工芝を自分で庭に敷いたのですが、その日はすごく寒くて、乾燥で指も「ひび割れ」していましたけど、それでも楽しそうでしたからね。

今までに誰も住んでいない、自分が一番最初に住み始めた、「キレイで新しい自分の家」というのは、男の人が考えているよりも、女の人にとっては嬉しいみたいです。


常に不機嫌だった嫁が、家を買って、明らかに機嫌が良くなっただけで、家を買った価値?があったかもしれません。 実際に、ダメ馬が何かを言うと、まず否定から入る嫁なのに、「家買ってよかった?」ってダメ馬が聞いたら、「そうだね」って嫁が答えたんですから(笑)←まさかの回答。

家を買うことで、お金の面でトクをするだけでなく、気持ちの面で明るくなり、嫁さんの機嫌が良くなって、いつも楽しく快適に過ごすことができるようになりました。

「家を買って幸せになれるくらいなら、苦労しない!」と考えていたダメ馬ですが、「家を買うと幸せになる」ということを、ダメ馬は身をもって体験することができましたし、ダメ馬と家族の人生が、良い方向に切り替わったきっかけになったことは、間違いないと思います。



オシダリハウスは、自分の予算内で、最も良い家を作ることができる工務店さん!

最初、このサイトは、ダメ馬が家探しをしている中で、知ったことや気づいたことを、ただ残しておくだけのサイトとして、作る予定でした。 家に関して、まったくの素人だったダメ馬が、「実際に家を購入する流れ」を残しておいたら、他の人にとっても、きっと参考になると思ったからです。

実際に、家に関して、ダメ馬は知らないことばかりでしたし、「これを知っておいたら良かった」ということも、たくさんありました。 (そのために、家探しをしていた一年半で、知ったことや勉強になったことは、ずっと文章で書き残していました)


ただ、ハウスメーカーを何社も回って、いろいろな工務店さんが作った家を見た結果、「本当に良い工務店さん」が分かるようになったのですよね。 そして見つけた工務店さんが、神奈川県大和市にある「オシダリハウス」という工務店さんです。

家の性能と品質が高くて、他の家と同じ価格帯なのに、1ランクから2ランクくらい、上の家を作ることができるというのは、ダメ馬にとっては嬉しいことで、「こんなに良い家をこの価格で作ってもらえる、掘り出し物のような工務店さんがあるんだ・・」と、ダメ馬は思いました。

神奈川県大和市の工務店!オシダリハウス


そして、「こんなに良い工務店さんがあるなら、人に教えてあげたい!」と思いました。

実際に、ダメ馬が家探して、一番大変で難しかったことが、「良い工務店さんを見つけること」だったからです。 そして、良い工務店さんを見つけることができれば、家づくりは一気に進みますし、簡単になります。

ダメ馬が、「家づくりで最も大切なことはなんですか?」と聞かれたら、間違いなく、「良い工務店さんを見つけることです」と答えますからね。 それだけ、家探しで最も重要なポイントは、「良い工務店さんを見つけること」であり、これができれば、家づくりは、ほぼうまく行くはずです。

だから、ダメ馬が一年半をかけて見つけた工務店さんでしたが、これだけ良い工務店さんを教えてあげたら、きっと多くの人が喜ぶと思い、ホームページで紹介することにしました。


ただ、「家を建てるなら、すぐにオシダリハウスにお願いするべき!」とは、ダメ馬は思っていません。

ダメ馬のように、「自分の予算内で最も良い家を作ってもらいたい!」、「同じ価格帯で、他の家よりも1ランクから2ランクくらい上の家が欲しい!」と思っている人にとっては、オシダリハウスは最適ですが、人それぞれで、求めているものが異なるはずだからです。

たとえば、家の性能(夏は涼しくて冬は暖かい)よりも、ログハウスのような、木を感じられる家を好む人も、いるかもしれません。 また、高品質のバスルームやシステムキッチンよりも、アンティークを感じさせる設備を好む人も、いるかもしれませんよね?

人それぞれで、「求めているもの」が異なるので、ダメ馬は、いくつかの工務店さんで比較をして、家づくりをお願いする工務店さんを決めたほうが、良いと思っています。


しかし、ダメ馬が実際に、オシダリハウスに家づくりをお願いして、現在、その作ってもらった家に住んでいますけど、オシダリハウスが作る家の性能と品質は、本当に高いです。

だから、「家に興味がある」、「将来的に家を建てたいと思っている」という人は、選択肢の1つ(候補の1つ)として、オシダリハウスを入れておくべきだと思いますよ。 このような、「基準」ができると、工務店さん選びがしやすくなりますし、比較もしやすくなりますからね。


今回、ダメ馬が、「家を購入して本当に良かった!」と、心から思えることができている理由は、「同じ価格帯で、最も良い家を作ることができる工務店さん(オシダリハウス)」に、家づくりをお願いしたからです。

その結果、安心して快適に住むことができ、気持ちも明るくなり、さらに嫁の機嫌が良くなり(笑)、人生が楽しくなりました!


これからも、オシダリハウスは、「家族がいつも笑顔で、幸せに長く暮らせる家」を、作り続けていくと思います。

オシダリハウスは、「土地探し」もできますし、実際にオシダリハウスが作った家を見れば、他の家との比較もしやすくなりますので、「家探しの1つの選択肢」として、オシダリハウスに連絡をしてみてくださいね。

少なくとも、ダメ馬が一年半をかけて、いろいろなハウスメーカーや工務店さんが作った家を見た結果、ダメ馬はオシダリハウスの家が最も良いと思いましたし、実際に住んでみて、本当に安心して快適に過ごすことができているので、ダメ馬は自信を持って、おすすめすることができますよ!


オシダリハウスへの連絡や相談はこちら!

オシダリハウスに連絡をするときは、必ず、「ダメ馬のサイトを見ました」と伝えてください!

この一言を、オシダリハウスに電話で伝えるか、フォームに書くと、特典(オシダリハウスで家を買ったときにもらえる特典)がもらえるからです。 また、オシダリハウスも、このホームページを見たことが分かるので、スムーズに対応することができます。

ちなみに、ダメ馬は不動産会社の人間ではないので、「仲介手数料」をもらうことは、一切ありません! でも、もし、どこかの不動産会社が、オシダリハウスが作った家を紹介して、あなたが家を購入すると、その不動産会社に「仲介手数料(100万円くらい)」を払う必要が出てきてしまいます。。。

そのようなことにならないように、必ず、「ダメ馬のサイトを見ました」と伝えてくださいね。 そうすれば、特典も付きますし、無駄な仲介手数料を払うこともありませんよ!





ダメ馬が買った家
 
 実際に購入した家
 
 
家を買う前の基礎知識
賃貸 vs 購入の結論
家を買うときの基礎知識
はじめての家づくり
 
 
ハウスメーカーと工務店
ハウスメーカーのまとめ
良い工務店の選び方
 
注文住宅と建売住宅
  注文住宅のまとめ
  建売住宅のまとめ
  中古住宅のまとめ
 
土地探しと住宅ローン
  土地探しの基礎知識
  住宅ローンのまとめ
 
知っておいて損はしない!
家を安く買う方法
家を買った後にやること
家で後悔しないポイント
 
神奈川県大和市の工務店
 
ダメ馬が家づくりをお願いした神奈川県大和市の工務店さん!
 
 
当サイトの運営者
 
作成者のプロフィール
 
 
サイトマップ
 
サイトマップはこちら
 
 
お問い合わせ
 
お問い合わせはこちら
 
 
Copyright © 完全な賃貸派だったダメ馬が「家を購入するまで」の体験談 All rights reserved.
^